学校・部活・チーム募集中!

PlaySでは吸水ショーツPlaySを導入したいという学校や部活、チームを募集しています。
お得な割引や出張説明会などもありますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!

ナプキンはアスリートの勝利に貢献しているか?

きっと違う。仕方がないから、選択肢がないから、使っている。
使い続けている。 0.01秒、1cm、1プレイで決まる世界。
ナプキンの不快感で勝利を逃したくない。 吸水ショーツPlaySは、それを解決する。

吸水ショーツPlaySは「漏れない、蒸れない、かぶれない、ズレない」

アスリートや部活生、スポーツジムで軽く汗を流す女性、ヨガ、あらゆる体を動かすシーンに最適。

なぜ「アスリート向け」なのか?

生理用品に一番シビアだったのが「アスリート」だった」

PlaySを開発した僕は男性です。もちろん1人で作ったわけではなく、逆に僕以外全員女性というくらい、たくさんの女性に協力してもらいました。

しかし「なぜ男性が吸水ショーツを?」新聞社などから取材を受けるたびに聞かれます。その答えは単純です

助けられないもどかしさ

僕(坂上大介・株式会社azuki 代表)が「吸水ショーツを作ろう!」と思うまでにいろんなきっかけがありました

詳しくはこちらのブログ「なぜ男性の僕が吸水ショーツを作ろうと思ったのか?~改めまして自己紹介~」に書いてあるのですが、
まとめると下記のようなことがありました。

  • 阪神・淡路大震災

    高校生のとき震災のボランティア参加で知った「女性にとって生理用品はとても大切…」

  • テレビ業界に就職

    同年代のAD女子たちは「替えるタイミングがない」「休めない」「言い出せない」

  • 結婚し父親になる

    生理の大変さに加えて妊娠出産の大変さを知る。特につわりと産後…

  • 制作会社経営者に

    社員の女性に生理が大変な子が。でも休ませたり鎮痛剤を渡すことしかできず…

  • 母が子宮脱で手術

    このとき骨盤底筋を調べたことで「フェムテック」「月経カップ」「吸水ショーツ」を知る

  • アスリートと生理

    五輪に2度出場した元選手から「五輪と生理が重なってナプキンでは大変だった」話を聞く

女性社員や妻、協力してくれる女性たちとあらゆるフェムテック製品を試し(僕より女性たちが夢中になっていました)、その中で使用が簡単だった「吸水ショーツをさらに改善して作れば、男性の僕でも女性の役に立てるかもしれない。」そう思いました。

(そしてそれ以上に周囲の女性の「ぜひ作って!」の声が大きく、その期待と後押しにとても勇気づけられました)

そして様々な聞き取りから「生理用品で一番困っていたのはアスリート。そのシビアなアスリートが練習や試合で使えるクオリティーのものなら、一般の女性が日常で十分に使えるに違いない。」そう考えたのです。


アスリートはどれくらい困っているのか?

トップアスリートと生理に関するアンケート

調査機関:2021年8月27日〜同年9月1日 対象:PlaySサポートアスリート27人


トップアスリート27人に聞く「大きな試合、肝心な試合と生理が重なったことがある」

ある 88.9%(24人)
ない 11.1%(3人)

「ある」と答えた24人のうち 66.6%(16人)が「パフォーマンスが落ちた」と回答


トップアスリート27人に聞く「練習中、試合中、生理用品で困ったこと、不快だったこと、大変だったことがありますか?」

よくある 44.4%(12人)
たまにある 40.7%(11人)
ほとんどない 14.8%(4人)(11人)

トップアスリートの85.1%が生理用品での困った・不快・大変を経験

4層の吸水パッド

医療用素材が素早く吸収。強固に保水し外に逃さない

吸水スピードは10倍

さらに消臭性もあり、液体だけではなく匂いも閉じ込める

こPlaySの優れている点は「濡れ感のなさ」「匂いのなさ」

吸水ショーツのデメリットとしてあげられるのが「再び履いたときに濡れていたら気持ち悪い」

PlaySはこの「濡れ感をなくすにはどうすればいいか」を追及。

素材やその重ね方の順番を何度もテストし、どのショーツにも負けないクオリティーを目指した。

結果、液体吸収後の生地にティッシュを置いてもティッシュが濡れないレベルを達成。
他のショーツとの違いを出すことに成功しました。その様子が下の動画。

そしてこの濡れ感のなさ=匂いの軽減に直結

匂いの原因は空気に触れることによる酸化やプキンにこもる熱による雑菌の増殖です。PlaySは一般的な生地の5倍以上の抗菌力+消臭機能

サラサラ仕様

吸水部分の布はサラサラで肌触りもよく、また上品な紫色で洗い残しもわかりやすい

提供したいのは、これまでにない発想。

「ナプキンはこんなもの」「生理だから仕方ない」ではなく…

吸水ショーツでアスリートのパフォーマンスを上げるという考え方。

「シューズなどの用具、プロテインなどの体に入れるものにはこだわってきたのに、なぜ一番繊細な部分を「数十円の紙ナプキン」に任せてきたのか?

アスリート向け吸水ショーツPlayS(プレイショーツ)は税込み5000円

年間のナプキン購入額はおよそ6000円

  • 吸水量は最大20ml(ナプキン3-4枚分)

    ※平均より少し多いくらいの方

  • 多い日はナプキンとの併用がおすすめ

こんなときにも便利

  • いつくるかわからない不安定なとき(更年期世代にも)
  • 旅行にもかさばらない

  • 災害時の防災グッズとして

洗濯はかんたん3ステップ

吸水ショーツによっては「30分つけ置き」や「重曹を使う」などあるのですが、PlaySは簡単。

  1. 水で汚れを落とす

  2. 洗濯ネットに入れる

  3. 洗濯機で洗う

※お湯は汚れが固まる可能性があるのでお避けください

ただし注意点が…

  • 柔軟剤、漂白剤NG(吸水力低下の恐れ)

  • 乾燥機ダメ…

  • 日陰干し…

PlayS(プレイショーツ)
PlayS(プレイショーツ)
PlayS(プレイショーツ)
PlayS(プレイショーツ)
PlayS(プレイショーツ)

PlayS(プレイショーツ)

通常価格¥5,000
/
税込 配送料 はチェックアウト時に計算されます。

サイズ

陸上3000mSC 東京五輪出場

山中柚乃選手

「2024年パリ五輪の頃には、60%くらいの選手が吸水ショーツを使ったことがあるという時代になると思います」